2017年11月2日 更新

がんが最も恐れる酵素 Part3 体験談

1,340 view お気に入り 0

余命宣告を受けて医師の治療を断念

Free photo: Medic, Hospital, Laboratory - Free Image on Pixabay - 563425 (176)

がんが自分の周りを被っているタンパク質の膜を、分解して引きはがしてしまう酵素のサプリメントなどを使って、自力でガンを治した方がいます。アメリカのフロリダ州に住むBさん(女性)です。このサプリメントに入っているのは、タンパク質を分解する能力がとても高いトリプシン、キモトリプシン、ナットウキナーゼなどの消化酵素です。タンパク質の膜が引きはがされると、がんは丸裸となり、免疫の標的となります。

Bさんは2006年9月に、30歳の若さで子宮頸(けい)がんと診断され、主に抗がん剤による治療で、がんは消えたかに見えました。ところが2007年10月に再発、しかもいろんなところに転移し、末期がんと認定されました。余命1年ほどの宣告も受けたのです。

大変だったのはここからで、抗がん剤の大量投与と放射線による集中的な治療を受けたのですが、副作用がひどく、髪の毛が抜け落ちるのはまだいい方。苦しいうえに気持ちが悪くて、夜通し吐いていたこともあり、まさに死んだ方がましなほどひどかったそうです。

これほど過酷な試練を半年ほど必死で耐え抜いたのに、2008年5月に受けた検査では、ガンは全くよくなっていませんでした。それでも医師はさらに強い抗がん剤を提案してきたため、この治療では苦しいだけで役に立たないと、Bさんは治療を打ち切ることを医師に告げました。ちょうどそのころ、友人からもっと違う、自然な療法があることを聞いたそうです。早速、インターネットなどを駆使して、調査を始めました。

自力で行った自然療法で生還!

Free photo: Pretty Woman, Happy, Young, Female - Free Image on Pixabay - 1509956 (177)

Bさんは、ネットなどで見つけたいくつかの方法を自分で試してみました。2008年の7月からまず、ゲルソン療法と呼ばれる食事療法と解毒を始めました。大好きだった甘いものとジャンクフードは一切止め、完全菜食の食事。この療法の特色である搾りたてのにんじんジュースと野菜ジュースを一日で合計13杯(1杯当たり約230グラム)も飲みます。最初は3杯飲むのがやっとだったのですが、1週間ほどで13杯を達成したそうです。そして、さらに1日4リットルの還元水が加わります。

この大量のジュースと水の合間に朝、昼、晩の1日3回、コーヒー浣腸をします。体に溜まった毒素を肝臓経由で排出するのには、コーヒー浣腸が一番いい、と言われています。ゲルソン療法の食事とジュース、徹底した解毒を1カ月ほど続けた頃には、髪の毛は戻り、気持ちの悪さはほとんど消えてしまい、ほぼ通常の生活ができるようなったそうです。

そこで8月から、このゲルソン療法を続けながら、がんへの一斉攻撃を開始しました。まず、がんの防御膜を引きはがすために、これまでに紹介したタンパク質消化酵素の強力なサプリメントを飲みました。そして、点滴でビタミン17と呼ばれるアミグダリンと、大量のビタミンC(一度に50グラム)を投入します。アミグダリンも大量のビタミンCも、ともに普通の細胞にはほとんど害を与えず、がん細胞だけを殺す天然の抗がん剤です。

対して、医師が進めたのは抗がん剤による化学療法で、がん細胞と同時に正常細胞も大量に殺してしまうため、ひどい副作用が発生します。さらに問題なのは、免疫機能を痛めつけてしまうため、免疫力が大幅に低下してしまうことです。アミグダリンもビタミンCも、普通の細胞に危害を加えないばかりか、免疫力も損なわないですみます。

がんへの一斉攻撃を開始してから2カ月後、ゲルソン療法の食事と解毒を始めてからは3カ月後の2008年10月、Bさんは再び医師のところに検査に行きました。がんが再発してからずっと検査してくれたドクターがびっくりです。あれだけ抗がん剤と放射線をつぎ込んでもびくともしなかったがんが、退縮していたのです。
 
それから約1年後の2011年11月、Bさんは最後のだめ押し検査を受けました。マンモグラフィーに超音波、CTスキャン、PETスキャンという相当念入りな検査でも、がんは体のどこにも、みじんも発見されませんでした。自力で行った自然な療法によって、3カ月でがんは退縮。1年後には完全に消えてしまうばかりか、Bさんは以前にもまして元気で、全くの健康体になってしまいました。
6 件

当メディア上に提供する記事は、健康指導師会監修の元可能な限り情報を精査しておりますが、閲覧された利用者様の解釈において、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。
また、この記事を閲覧された利用者様が、記事内容をもとに行われる判断、行動、それに伴った結果について保証するものではありません。
利用者様ご自身の責任の下、判断・行動を行って頂きますようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

がんや心臓病が少ないギリシャ・クレタ島民の食生活とは?

がんや心臓病が少ないギリシャ・クレタ島民の食生活とは?

エーゲ海に浮かぶギリシャ最大の島、クレタ島は、古代文明が栄えたところとして知られますが、島民の多くががんや心臓病にかかる人が少ない島としても有名です。島の人口約60万人、平均寿命が女性84歳、男性78歳(世界保健統計2015年)と長寿の島でもあります。
管理者 | 34 view
青身魚に含まれるEPAは、がん細胞を破壊する。

青身魚に含まれるEPAは、がん細胞を破壊する。

イワシやサンマ、サバなどの青身魚に含まれるEPAは、血液をサラサラにする作用があり、悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させる働きがあることがわかっています。それ以外にもがん細胞を破壊し、悪性度を軽減する働きがあるとか。果たして真実は?
管理者 | 98 view
がんや脳卒中、心筋梗塞を防ぐには動脈硬化と高血糖を抑える。

がんや脳卒中、心筋梗塞を防ぐには動脈硬化と高血糖を抑える。

日本人の死因で、がんと並んで多いのが心臓病と脳卒中です。その両方に関係しているのが、血管が詰まりやすくなる動脈硬化。動脈硬化のリスク要因は、高血糖や高血圧、脂質代謝異常などがありますが、なかでも動脈硬化を進めるのは「高血糖」だとされています。
管理者 | 66 view
糖質はがんのエサ⁉︎「PET検査」からわかる、がんと糖質の関係

糖質はがんのエサ⁉︎「PET検査」からわかる、がんと糖質の関係

糖質とがんとの因果関係は、医学的にも証明できることをご存知ですか? がん細胞は、糖質をエサに増殖するとも言われ、それはがん検診などで行われる「PET検査」でも明らかです。
管理者 | 245 view
糖尿病はがん予備軍!?

糖尿病はがん予備軍!?

糖質とがん発症との因果関係は、医学的にも証明されている。最たるものが糖尿病患者のがん発症率が高いことだ。日本人の糖尿病は、糖質の摂取過多などによってインスリンが過剰に分泌された結果起こる「2型糖尿病」が多い。心当たりがある人はがんにも要注意だ!
管理者 | 96 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者 管理者