2018年6月22日 更新

がんや脳卒中、心筋梗塞を防ぐには動脈硬化と高血糖を抑える。

日本人の死因で、がんと並んで多いのが心臓病と脳卒中です。その両方に関係しているのが、血管が詰まりやすくなる動脈硬化。動脈硬化のリスク要因は、高血糖や高血圧、脂質代謝異常などがありますが、なかでも動脈硬化を進めるのは「高血糖」だとされています。

79 view お気に入り 0

活性酸素が酸化ストレスの元凶

 (283)

動脈硬化というと、一般的には大人になってから起こる血管の異常のように思いがちですが、実はゼロ歳児、すなわち赤ちゃんの時から主な動脈に「硬化」の初期病変がみられ、10歳前後から急激に進むとされています。  

それですぐに重篤な病気を発症するわけではないですが、誰もが生まれた時から一生つき合わねばならない血管の変化である動脈硬化になりうる可能性をもっているのです。動脈硬化を引き起こす主な原因は、酸化ストレスといわれ、その元凶が体内で発生する「活性酸素」にあります。

活性酸素には、ウィルスや細菌を退治する働きがあるとされていますが、体内にいつまでも残っていると細胞を酸化してしまうことから、がんや老化の原因とも言われています。

抗酸化と酸化のバランスが大事

Cake Fruit Dessert · Free photo on Pixabay (284)

しかし、私たちは酸素でエネルギーを代謝しているので、活性酸素の発生をおさえることはできません。そのため体内には、活性酸素を無害化する酵素があり、通常は体内の酸化と抗酸化のバランスは保たれています。ただこのバランスが崩れるとさまざまな疾患の元になり、なかでも抗酸化作用より酸化作用が勝ると、動脈硬化やがん、アルツハイマー病、パーキンソン病などが起こりやすくなるといわれています。

そうならないためには、酸化ストレスを高めないようにすること。酸化ストレスを高める要因の一つが喫煙、もう一つは食後高血糖だといわれています。糖質の過剰摂取は、食後高血糖を招くことがわかっており、それが進むと糖化反応が体のあちこちで起こり、いわゆる血液はドロドロ、やがて動脈硬化を起こした血管に固まりができやすくなり、これが心臓病や脳卒中などの原因になるのです。

コレステロールより糖質を控えよ

Egg Sandwich Bread · Free photo on Pixabay (282)

動脈硬化は、危険因子を避け、食事、運動などに気をつければ、食い止めることも可能だと考えられています。とりわけ糖質を制限すると、食後高血糖が避けられ、酸化ストレスが低下すると考えられています。血液の流れもサラサラへと代わり、動脈硬化の予防にもつながりやすいのです。

動脈硬化を防ぐには、肉類や卵などからのコレステロールを控えるべき、と長く考えられてきました。しかし最近は、「家族性高コレステロール血症」のように遺伝的にコレステロール値を下げられない人を除いては、コレステロールを控える必要はない、という考え方が一般的になりつつあります。控えるべきはコレステロールより、むしろ糖質だといえそうです。
9 件

当メディア上に提供する記事は、健康指導師会監修の元可能な限り情報を精査しておりますが、閲覧された利用者様の解釈において、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。
また、この記事を閲覧された利用者様が、記事内容をもとに行われる判断、行動、それに伴った結果について保証するものではありません。
利用者様ご自身の責任の下、判断・行動を行って頂きますようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

糖質制限だけではダメ? 恐るべきがん細胞の糖質耐性!

糖質制限だけではダメ? 恐るべきがん細胞の糖質耐性!

がん細胞は、私たちが考えるほど簡単には倒れません。最新の抗がん剤や分子標的薬の登場で治療の選択肢や可能性はどんどん広がっているものの、最近の研究ではブドウ糖の供給が途絶えてもがん細胞の3割は生き残ることが明らかになってきています。
管理者 | 52 view
糖質はがんのエサ⁉︎「PET検査」からわかる、がんと糖質の関係

糖質はがんのエサ⁉︎「PET検査」からわかる、がんと糖質の関係

糖質とがんとの因果関係は、医学的にも証明できることをご存知ですか? がん細胞は、糖質をエサに増殖するとも言われ、それはがん検診などで行われる「PET検査」でも明らかです。
管理者 | 259 view
がんや心臓病が少ないギリシャ・クレタ島民の食生活とは?

がんや心臓病が少ないギリシャ・クレタ島民の食生活とは?

エーゲ海に浮かぶギリシャ最大の島、クレタ島は、古代文明が栄えたところとして知られますが、島民の多くががんや心臓病にかかる人が少ない島としても有名です。島の人口約60万人、平均寿命が女性84歳、男性78歳(世界保健統計2015年)と長寿の島でもあります。
管理者 | 76 view
青身魚に含まれるEPAは、がん細胞を破壊する。

青身魚に含まれるEPAは、がん細胞を破壊する。

イワシやサンマ、サバなどの青身魚に含まれるEPAは、血液をサラサラにする作用があり、悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させる働きがあることがわかっています。それ以外にもがん細胞を破壊し、悪性度を軽減する働きがあるとか。果たして真実は?
管理者 | 110 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者 管理者