2017年1月26日 更新

自分にとっての最良の医師は自分自身

42 view お気に入り 0
Free photo: Pulse, Hand, Health Care Providers - Free Image on Pixabay - 818378 (92)

 私たちの身体には「免疫力」という自然治癒力が備わっています。むかしから、鼻風邪や少々の熱を伴うような風邪でも「3日3晩寝ていれば自然に回復する」といわれますが、それは人間には免疫による自然回復力があることを示しています。
ただし、自然治癒力を高める免疫は「正しい栄養補給とバランス」によって強化されるということ。偏った栄養や、不規則な食生活を続けていては逆に免疫力は低下し、病気の温床になりやすいのも一方の真実です。
 
 私たちは14才の時に風邪で高熱が下がらずに、注射と1日に2回飲むタイプの強めの薬を服用して、大変な思いをしました。学校は10日近く休みました。風邪は治りましたが、結果として体力は落ち、薬の副作用なのか顔が赤くただれてしまい、辛い体験をしました。
そのときに「この風邪の治し方はよくない」と直感的に判断し、それ以降は「食事で正しい栄養を摂り、基礎体力をつける」ことを心掛けた生活を送るようにしました。
その結果、学生〜社会人 今に至るまで36年間、風邪薬は1錠も飲まない人生を送っています。風邪を引いても治るスピードが早くなり、体力の衰えも少なく元気に過ごしています。こころなしか、怪我の回復スピードもアップしたように感じます。

 人間の身体は、薬や医者に頼らなくても、正しい栄養補給とバランスを保てれば、かなりの部分で元気に、健康な状態を保てることを示した例ではないでしょうか。
「自分にとっての最良の医師は、自分の身体(免疫力)である」。そう思って日々の栄養知識と、栄養の補てんを怠らないようにしています。
2 件

当メディア上に提供する記事は、健康指導師会監修の元可能な限り情報を精査しておりますが、閲覧された利用者様の解釈において、正確性、完全性、有益性、特定の目的への適合性まで責任を負うものではありません。
また、この記事を閲覧された利用者様が、記事内容をもとに行われる判断、行動、それに伴った結果について保証するものではありません。
利用者様ご自身の責任の下、判断・行動を行って頂きますようお願い致します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

薬に頼らず、栄養で自然治癒力を!

薬に頼らず、栄養で自然治癒力を!

今月から、東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎先生の連載が始まりました。藤田先生は、腸内細菌や感染免疫学、寄生虫などの研究で知られます。専門の立場から健康や身体のメカニズム、栄養バランスなどについて解説いただきます。先生独自の健康エッセイをお楽しみください。
管理者 | 56 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

moon.n.01590 moon.n.01590

おすすめの記事

今注目の記事